青少年の活動


神霊教では、中学生までの子供で構成される「少年部」と、

高校生以上の青年層が参加している「青年のつどい」があります。

大祭の奉祝芸能やバザーをはじめ、独自にイベントを開催したりと、

青少年自ら感謝のこころをもって、さまざまな活動を行っています。


少年部


部会、錬成会、自然体験教室



 神霊教では、小学生から中学生までの少年少女で構成される「少年部」があります。

月に一回、部会を開き、世の模範となるような人を育成するため、教祖様の御教えに沿った勉強会を行っています。また、大祭では鼓笛隊として、青年で構成されるドラム隊とともに奉納しています。

 そのほかに、錬成会や自然体験教室などの活動を行っています。


青年のつどい


奉祝芸能やバザー



 日本の伝統文化のひとつである和太鼓。男子は、有志で和太鼓の奉納をしています。男子全員が気持ちをひとつに奉納しています。

 また、女子は、「さくらさくら」と、教母様の御郷里である長野県の県歌の「信濃の国」の踊りを奉納しています。全員が心ひとつに、調和の心を大切にして踊っています。


日の丸行進・ドラム隊



 教祖様の説かれる日本精神の啓発のため、年に二回、教団旗と日の丸を掲げて行進を行っています。

 青年はドラム隊で行進を先導しています。


錬成会



 神霊教の聖地・万寿山にて、年に数回、合宿を行っています。教祖様の御教えを学び、青年としてどうあるべきかを学びます。御奉仕や研修など心身を鍛錬するとともに、青年の絆を深める場として毎回多くの青年が参加しています。


交流会



毎年、様々なところで交流会を開いています。

鎌倉でバーベキューをしたり、日本の伝統文化を学べるところへ行ったり、

各支部教会で地方の信者さんと交流会を開いたり。


ここを見てくれたのも何かの縁!

この“縁”を大切に・・・


心惹かれた方、あなたも一緒に参加しませんか。

あなたの参加、私たちは大歓迎です!!